私立大学の学費を比較【実績が高いベテラン教授が多く在籍】

記事一覧

論文記載とその方法

原稿用紙

書き方のポイント

大学入試などにおいて採用されている試験項目として、小論文がある。特に推薦入試などにおいては、小論文が必須の項目とされているケースが多く、小論文のできの良し悪しで入学できるか否かが決まるケースも多い。入学試験での小論文では、その出題傾向にはいくつかの特徴がある。まずは、その学習分野に関する内容を題材とされるものである。小論文では、その分野についてどの程度知っているかや普段興味を持っているかが重要視される傾向にある。その為、これらを攻略するためには日常からその分野の話題に興味を持ち、情報を収集しておくことがポイントになる。また、社会一般の時事問題が題材として選ばれることも多い。これらも、普段社会の問題に対してどの程度関心を持って生活しているかということが問われることになる。小論文では、読み手に対して自分の持っている知識を用いながら論理的に述べていくことが重視される。その際、知っている知識を述べるのみではなく、自分の考えを織り交ぜながら、相手に納得してもらう方針で記載していくことが重要である。その為、小論文の対策を行う場合には、これらの書き方に慣れておくことが重要である。テーマを絞り、それにそって数多くの文章を実際に書くことが最も効果的な勉強になる。また、書いた小論文については第三者に確認してもらうことも重要である。誰かに見てもらいその内容を評価してもらうことで、より良いものもかけるようになる。

Copyright© 2018 私立大学の学費を比較【実績が高いベテラン教授が多く在籍】 All Rights Reserved.